お役立ちマニュアル

ホーム > お役立ちマニュアル > 労働基準法の基礎知識 > 年次有給休暇は何日とれるの?

労働基準法の基礎知識

知らないと怖い!?経営者なら知っておくべき労働基準法の基礎知識
年次有給休暇は何日とれるの?
■年休の発生要件

年次有給休暇は、労働基準法で定められた労働者の権利であり、会社は年休を与える義務を負っています。

雇入れの日から起算して、
・6ヵ月継続勤務し、
・全労働日の8割以上出勤
(注)した労働者には、
10日の有給休暇を与えなければなりません。
また1年6ヵ月以上継続勤務した場合の日数は次の表のとおりです。

勤続年数 6ヶ月 1年6ヶ月 2年6ヶ月 3年6ヶ月 4年6ヶ月 5年6ヶ月 6年6ヶ月以上
有給日数 10日 11日 12日 14日 16日 18日 20日

※この日数は平成13年4月より改正されていますので、会社の就業規則が古くなっていないか確認してみてください。

(注)労災により休業した期間、育児・介護休業期間、産前産後の休業期間は「出勤したものとみなす」こととされています。

■年休の消滅時効

年休の請求権は、発生から2年を経過すると消滅します。
ですから、年休が発生した年度に使いきれなかった日数は、翌年度に限り、繰り越すことができます。

労働基準法について、お悩みですか?「人事労務コンサルティング」について詳しくはこちら
お問い合わせ ご相談のみでも料金は頂きません。お気軽にお問い合わせ下さい。
  • エレメンツ社労士事務所 〒540-0026 大阪市中央区内本町1丁目2番6号 成起ビル9階
  • お電話でのお問い合わせ tel:06-6809-1602
  • メールフォームでのお問い合わせ お問い合わせフォームはこちら