お役立ちマニュアル

ホーム > お役立ちマニュアル > 労働基準法の基礎知識 > 出向と派遣の違い

労働基準法の基礎知識

知らないと怖い!?経営者なら知っておくべき労働基準法の基礎知識
出向と派遣の違い
■出向と派遣の違い

出向と派遣は、どちらも出向(派遣)先の会社で、出向(派遣)先の指揮命令にしたがって就業するものであり、外から見ると非常に良く似た就業形態です。
一見、良く似ている「出向」と「派遣」ですが、両者の決定的な違いは「労働契約関係」の有無にあります。

■出向とは・・・

出向元との労働契約関係を維持したまま、その命令により出向先との間に労働契約関係を生じさせ、出向先において指揮命令にしたがって就業する形態をいいます。(在籍出向)
出向先でも労働契約関係が生まれますので、出向先も労基法の使用者責任を負うことになります。

■派遣とは・・・

派遣の場合には、派遣先においては「派遣契約」に基づいて指揮命令関係が生まれるだけで、労働契約関係は生じません。

労働基準法について、お悩みですか?「人事労務コンサルティング」について詳しくはこちら
お問い合わせ ご相談のみでも料金は頂きません。お気軽にお問い合わせ下さい。
  • エレメンツ社労士事務所 〒540-0026 大阪市中央区内本町1丁目2番6号 成起ビル9階
  • お電話でのお問い合わせ tel:06-6809-1602
  • メールフォームでのお問い合わせ お問い合わせフォームはこちら