お役立ちマニュアル

ホーム > お役立ちマニュアル > 労働基準法の基礎知識 > 「試用期間1年」って長すぎない?

労働基準法の基礎知識

知らないと怖い!?経営者なら知っておくべき労働基準法の基礎知識
「試用期間1年」って長すぎない?
試用期間って会社が自由に決めていいの?

新たに従業員を採用するとき、本採用の前に一定期間の試用期間を設けている会社がよくみられます。概ね1ヶ月から6ヶ月の期間を定め、賃金も正社員より低く設定していることが多いようです。

試用期間は、新たに採用する労働者を職場に配置することにより、能力・業務の適性など従業員の適格性を判断するために設けられた制度であり、この期間中に、従業員として不適格であると認められた場合、会社はその従業員を解雇することができます。

この試用期間については、法律は特に規制をしていませんので、会社が自由に設定できることになっていますが、あまりに長すぎる期間を定めると、無効と判断されるので注意が必要です。

実際に、1年を超える試用期間について争われた裁判では、「試用期間中の労働者は不安定な地位におかれるものであるから、労働者の能力や勤務態度についての価値判断を行うのに必要な合理的範囲を超えた長期の試用期間の定めは公序良俗に反し、その限りにおいて無効である」とされました。

また、試用期間中でも、雇い入れから14日を超えると解雇予告制度が適用されますので、注意が必要です。

解雇予告制度とは?

労働基準法20条に定められた規定で、会社が労働者を解雇しようとする場合には、少なくとも30日前に解雇の予告をするか、30日前に予告をしない場合には、30日分以上の平均賃金を支払わなければなりません。

労働基準法について、お悩みですか?「人事労務コンサルティング」について詳しくはこちら
お問い合わせ ご相談のみでも料金は頂きません。お気軽にお問い合わせ下さい。
  • エレメンツ社労士事務所 〒540-0026 大阪市中央区内本町1丁目2番6号 成起ビル9階
  • お電話でのお問い合わせ tel:06-6809-1602
  • メールフォームでのお問い合わせ お問い合わせフォームはこちら