お役立ちマニュアル

ホーム > お役立ちマニュアル > 労働基準法の基礎知識 > 辞表の撤回

労働基準法の基礎知識

知らないと怖い!?経営者なら知っておくべき労働基準法の基礎知識
辞表の撤回

従業員から、「いったん出した退職願を撤回したい」という申し出があった場合、会社はこれに応じなければならないのでしょうか?
また、これに応じなかった場合は「解雇」ということになるのでしょうか?

この場合、「退職願」がどのような意味で提出されたかが問題になります。
一般的に「退職願」の持つ意味合いは、次のどちらかであると考えられています。
(1) 退職の申し込み
(2) 一方的な離職の意思表示

(1) の場合、従業員の退職の申込に対し、会社の合意・承諾があってはじめて雇用関係が終了になることになります。ですから、会社が合意の意思表示をするまでなら、退職願の取り下げも可能ということです。
(2) の場合は、会社の合意を前提とせず、従業員の一方的な労働契約解約の告知であるととらえられるため、いったん退職願を提出したら、会社の承諾なしにこれを取り下げることはできません。

しかし現実には、従業員の提出した退職願が上記の(1)(2)どちらにあたるのか、判別がつきにくいでしょう。

そういったことから、裁判例では、退職願は一般的に(1)の退職の申し込みであると扱われることが多く、会社側の合意の意思表示がなされるまでの間であれば、取り下げは可能であると判断されています。

尚、会社の正式な合意の意思表示がなされた後、従業員が撤回したいと言ってきた場合には、これに応じる法的な義務なく、またこれに応じなかったことによって「解雇」とみなされることもありません。

労働基準法について、お悩みですか?「人事労務コンサルティング」について詳しくはこちら
お問い合わせ ご相談のみでも料金は頂きません。お気軽にお問い合わせ下さい。
  • エレメンツ社労士事務所 〒540-0026 大阪市中央区内本町1丁目2番6号 成起ビル9階
  • お電話でのお問い合わせ tel:06-6809-1602
  • メールフォームでのお問い合わせ お問い合わせフォームはこちら