お役立ちマニュアル

ホーム > お役立ちマニュアル > 労働基準法の基礎知識 > 定年って何歳?

労働基準法の基礎知識

知らないと怖い!?経営者なら知っておくべき労働基準法の基礎知識
定年って何歳?
定年制

定年制とは、労働者が所定の年齢に達した場合に、労働契約が自動的に終了する制度のことをいいます。

会社で定年制を設ける場合には、就業規則等で定めておく必要があり、60歳以上としなければならず、60歳を下回る定年制を設けても無効となります。(高年齢者等の雇用の安定等に関する法律)

定年制を定めていない会社には「定年退職」はありえず、「自己都合退職」か「解雇」ということになりますので、定年制を定めておいた方がよいでしょう。

会社の内規や慣習などで「○歳になったら辞める」というようなルールがある場合でも、これを法的な拘束力をもつ定年制とは判断しがたいですので、トラブル防止のためにも就業規則等に明記しておくことが大切です。

尚、「男性は65歳、女性は60歳で定年」というように、男女別の定年制を定めることは、男女雇用機会均等法によって禁止されており、無効となります。

労働基準法について、お悩みですか?「人事労務コンサルティング」について詳しくはこちら
お問い合わせ ご相談のみでも料金は頂きません。お気軽にお問い合わせ下さい。
  • エレメンツ社労士事務所 〒540-0026 大阪市中央区内本町1丁目2番6号 成起ビル9階
  • お電話でのお問い合わせ tel:06-6809-1602
  • メールフォームでのお問い合わせ お問い合わせフォームはこちら