お役立ちマニュアル

ホーム > お役立ちマニュアル > 労働基準法の基礎知識 > 労働協約と就業規則どっちが優先されるの?

労働基準法の基礎知識

知らないと怖い!?経営者なら知っておくべき労働基準法の基礎知識
労働協約と就業規則どっちが優先されるの?

会社と従業員の関係を定めるルールには、労働基準法などの法律の他に、就業規則・労働協約・労働契約などがあります。

これらの違いを間単に説明しますと
就業規則・・・・従業員の意見をきいて、会社が定めたルール
労働協約・・・・会社と労働組合の交渉の結果、得られた労使間の約束
労働契約・・・・会社と従業員個人との間の約束

これらの間で、矛盾するような労働条件や決まりがあった場合の優先順位は次のとおりで、順位が上のものに違反する部分は、無効とされます。

労働基準法 > 労働協約 > 就業規則 > 労働契約

ただし、労働契約で就業規則の基準を上回る(労働者に有利な)個別の特約をした場合には、就業規則に反していても、原則として無効とされません。

労働基準法について、お悩みですか?「人事労務コンサルティング」について詳しくはこちら
お問い合わせ ご相談のみでも料金は頂きません。お気軽にお問い合わせ下さい。
  • エレメンツ社労士事務所 〒540-0026 大阪市中央区内本町1丁目2番6号 成起ビル9階
  • お電話でのお問い合わせ tel:06-6809-1602
  • メールフォームでのお問い合わせ お問い合わせフォームはこちら