お役立ちマニュアル

ホーム > お役立ちマニュアル > 労働基準法の基礎知識 > 三六協定の従業員代表が退職したら・・・?

労働基準法の基礎知識

知らないと怖い!?経営者なら知っておくべき労働基準法の基礎知識
三六協定の従業員代表が退職したら・・・?
労使協定の効力

「労働者の過半数を代表する者」と締結した三六協定などの労使協定は、協定にハンコを押した代表者が退職した場合には、無効になってしまうのでしょうか?

答えはNOです。

「労働者の過半数を代表する者」という条件は、協定の締結時に必要な条件であり、協定の効力の存続の要件ではありません。
同様に、「過半数の労働者で組織される労働組合」が過半数を組織しなくなったときも、協定の法的効力に影響はありません。

労働基準法について、お悩みですか?「人事労務コンサルティング」について詳しくはこちら
お問い合わせ ご相談のみでも料金は頂きません。お気軽にお問い合わせ下さい。
  • エレメンツ社労士事務所 〒540-0026 大阪市中央区内本町1丁目2番6号 成起ビル9階
  • お電話でのお問い合わせ tel:06-6809-1602
  • メールフォームでのお問い合わせ お問い合わせフォームはこちら