お役立ちマニュアル

ホーム > お役立ちマニュアル > 労働基準法の基礎知識 > 女性の生理休暇

労働基準法の基礎知識

知らないと怖い!?経営者なら知っておくべき労働基準法の基礎知識
女性の生理休暇

生理日の就業が著しく困難な女性が、会社に休暇を請求したときは、生理日に就業させてはならないことになっています。

生理日の就業が著しく困難な女性であれば、どんな種類や内容の業務に従事している場合であろうと休暇を請求することができます。しかし、単に生理日であることを理由に休暇がとれるわけではなく、あくまで「生理日の就業が困難である」という事実に基づいて請求できる休暇です。
また、この生理休暇は半日単位・時間単位で請求することも可能です。

尚、生理休業をした日について、賃金を支給するかしないかは会社の自由ですが、就業規則等に定めておく必要があるでしょう。

労働基準法について、お悩みですか?「人事労務コンサルティング」について詳しくはこちら
お問い合わせ ご相談のみでも料金は頂きません。お気軽にお問い合わせ下さい。
  • エレメンツ社労士事務所 〒540-0026 大阪市中央区内本町1丁目2番6号 成起ビル9階
  • お電話でのお問い合わせ tel:06-6809-1602
  • メールフォームでのお問い合わせ お問い合わせフォームはこちら