就業規則・人事労務 コンサルティング

ホーム > サービス一覧 > 就業規則・人事労務コンサルティング

就業規則・人事労務のよくあるお悩み

  • 「うちの就業規則はどうなってるんですか?」と聞かれた。
  • 就業規則をウヤムヤにしておけない雰囲気になった。
  • 規則がなく残業代がふくらむ一方
  • 従業員が10人以上で就業規則が必要になった。
こんなお悩み、抱えていませんか?
  • お悩み解決!就業規則で会社と社員を守れるようになる!
    就業規則を作ることが、会社にとってデメリットであると思っていませんか?
    就業規則は「会社」と「社員」を守るためにあるのです。
  • お悩み解決!変形労働時間制などを導入して残業代が軽減!
    ご存知でしたか?
    就業規則を工夫して、残業代を節約する方法や、有給休暇の日数をコントロールしたりできます!
  • お悩み解決!会社のルールが明確になり会社と社員それぞれに責任が生まれる。
    ルールが明確になると、会社がやるべきこと・社員さんがやるべきこと、それぞれに責任が生まれます。そのことによるメリットはとても大きいのです!

就業規則を作るのってデメリットじゃないの?

  • 就業規則をつくるデメリット・・・

    「従業員が10人超えたら、就業規則を作らないといけない。それは知ってるんだけど、就業規則つくると残業代払ったり、有給休暇をあげなきゃいけないんでしょ?だったら作りたくないなぁ・・・」と考えている経営者の方!大間違いです!!

    就業規則の有る無しに関わらず、残業代は払わなきゃいけないし、有給休暇もあげなきゃいけないんです。それが労働基準法。だから、就業規則をつくることにデメリットはありません。

  • では、就業規則や賃金体系をつくったらどんなメリットがあるの!?

    就業規則を工夫することで、残業代を節約できたり、有給休暇の日数をコントロールしたりできます。就業規則がないと、どんな悪いコトした社員でも懲戒解雇ができません。
    実は、就業規則や賃金体系は「会社を守るため」につくるもの。

    従業員さんとトラブルになってから作るのでは遅い!
    円満な今のうちに、作っておきましょう。

取り扱い業務一覧(就業規則・人事労務)

  • 就業規則の作成、届出
  • 育児・介護休業規程の作成、届出
  • 賃金規程の作成、届出
  • 36協定の作成、届出
  • 年次有給休暇の計画付与に関する労使協定作成、届出
  • 賃金制度に関するコンサルティング
  • 変形労働時間制導入コンサルティング(裁量労働制、1年単位の変形など)
お問い合わせ 就業規則・人事労務に関するご質問がありましたら、お気軽にどうぞ!
  • エレメンツ社労士事務所 〒540-0026 大阪市中央区内本町1丁目2番6号 成起ビル9階
  • お電話でのお問い合わせ tel:06-6809-1602
  • メールフォームでのお問い合わせ お問い合わせフォームはこちら